子供と英語で言ってみよう「Welcome」で意味を雰囲気でもとらえる習慣を

Sponsored Links

家に親戚や知り合いがやってきたときに、親子そろっていきなりWelcome!と歓迎してあげれば多分相手はビックリすることでしょう。

 

なので実践する際には事前に相手に伝えておいてあげて下さいね(笑)

 

さて、今回の子供と言ってみようの英単語はWelcomeです。

 

意味は「ようこそ!、いらっしゃい!」という歓迎を表す英単語であり、別にそれほど難しくない英単語でもあります。

 

ですが、この英単語も子供が触れる英単語としてはとても良い英単語なんです。

 

Sponsored Links

Welcomeの発音で学ぶ英語ならではの発音

ウェという発音。こういう発音はやはり英語で多くみられる発音ですよね。さらには、Welcomeの発音の最後の部分は、ムというよりもMを母音ナシで発音したような音に近いのです。こういう発音も日本にはない発音ですよね。

英語には多くみられる発音の種類なので、小さいころから慣れておくとGood!
助手のカナちゃん
助手のカナちゃん

Welcomeの雰囲気でとらえる意味感を自然な形で会得

Welcomeの意味、日本人にもなじみ深く有名な意味として2つの意味があります。

一つは、前述した「歓迎する」意味。

そしてもう一つは、「どうしたしまして」という意味です。

どういたしましては、You are welcomeという英語フレーズで知っているという人が多いと思います。

 

同じ単語だけど違う意味ですよね?でも、

・ようこそいらっしゃい!

・いいよいいよ、どういたしまして

 

この2つって、なんか相手を受け入れる感じ、似てますよね?

今、こうやって改めて説明を見て「あ、確かに!そうなんだ!」と気づかれた人も多いことと思いますが、この感じを子供の頃から自然に備えておくことは英語を学んでいく上で大きなアドバンテージとなります。なので、

歓迎のWelcome!

相手のありがとうに対するYou are welcome!

是非、どちらも、いっぱい言って見て下さいね!

ちなみにですが、どういたしましての意味として、Welcome単体でも表すことができます。外国人とのやり取りでも単に「Welcome」とだけ言ってくる人も多いです。

 

英語には同音異義語がないなんて言われて単語単位で意味を考えればいいってい考え方もあるみたいだけど、実は英語もそこのところが結構色々あったりします。

 

ある種、「連想ゲーム」のような思考を持つことが大切なんです!

助手のカナちゃん
助手のカナちゃん

Welcomeで親子で言ってみたい英会話

(誰かが家にやってきて)

Welcome to my house!

 

Thank you 〇〇!

You are welcome!

 

(親戚などを子供が自分の部屋に招き入れて)

Welcome to my room!

他にも色々やってみましょう!

 

今日の「カナちゃんのもっと子供と英語」

こんにちは!
このコーナーでは基本的に真面目なカナちゃんです!

小学生の英語絵ずかん: しゃべるペン付き ([バラエティ])

しゃべるペンとかそういうの子供って大好きじゃない??

こういうのあれば、英語もはかどりまくるかもしれないわよ?
値段がちょっと高いけど、中古狙っちゃいましょう!Umiもよく言ってるけど、英語の教材なんて中古でいいんですw
ちなみに、Umiもこのあいだ、Amazonで中古の激安の英語関連の本を注文して届いてみたら、カバーのない本が届きました(笑)でもいいんです本の外見より中身が大事なので。
小学生の英語絵ずかん: しゃべるペン付き ([バラエティ])

助手のカナちゃん
助手のカナちゃん

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!Umiの力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供Ni英語!について

助手のカナちゃん
助手のカナちゃん

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/