子供が英語を話せるようになるために親が理解しておくべきこと

Sponsored Links

どうやったらウチの子供英語話せるようになるの?そんな思いを持った親御さんが多いのでしょう。ネットを見てもテレビを見ても子供に関しての英語を話すことであったり英会話などに関するCMって本当によく見かけます。重要があるからそれだけ沢山のものが世の中にあふれてもいます。さて、教材であっても教室であってもお金さえ出せば子供が英語を話せるようになるための手助けをしてくれるサービスはこれでもかというぐらいあるのですが、そんな子供が英語を話せるための勉強とかそんなこと以前に親御さんたちにしておいて欲しいことがあります。この記事を読んでからでも遅くありません。少しだけお時間いただければ幸いです。

 

Sponsored Links

子供が英語を話せる必要性はどこにあるのか

まず、考えて欲しいのは子供が英語を話せるようになることの必要性です。子供というとおそらく10代前半までの子供を指しているのだろうと仮定して話を進めていきますが、その年齢で英語が話せる必要って改めていいますけどあると思いますか?もちろん、子供が自発的に英語が話せるようになりたいんだ!と言ってる場合もあると思います。

 

しかしそれであっても、私としては焦らなくていいのになぁと思ってしまいます。

 

10代前半までの子供で英語が話せないといけない場面なんてそうありませんし、話せたからどうなんだ?という考え方もできます。

 

話せるにこしたことはないじゃないか!と思われるかもしれませんが、英語ってやらなかったら忘れて使えなくなてしまうんです。子供の頃は話せたのに大人になってからは全くなんて人もいます。子供時代に集中して英語を勉強させて英語が話せるようになってもそれはもしかしたら長い目でみると意味のないことになるかもしれないのです。

 

英語が話せる子もいる、英語が話せない子もいる

確かに世の中には英語がペラペラな子供がいてそんな子供をテレビで見かけたりしたら親としても「うちの子だって・・」とメラメラ闘志を燃やすなんてこともあるかもしれません。そして、英語教室にでも通わせて子供がなかなか英語が話せないと

なんでだろう

何がいけないんだろう

どうしたら英語が話せるようになるんだろう

 

色々考えてしまうことでしょう。ただね、英語がペラペラな子供がいればそうでない子供もいる。ここを分かっておいて欲しいと思うんです。

 

じゃないとね、大々的に「子供の英語を引き出して英会話までマスターする徹底プログラム!」てな感じの、うさんくさそーな教材とかあるでしょ?(笑)中身をよくよく見たら

児童心理学の~

脳科学の~

最新のアメリカの研究の~

 

そして、教材をやりさえすれば子供が英語を話せるようになれるようなそんな錯覚を起こしかねないようなことをズラズラと書いてあったりする。さらには、この教材で英会話マスターした〇〇くん(8歳)のインタビュー!とかもあったりしてね。

 

ああいうのってね、ウソではないと思いますよ。でも、そういった教材、プログラムで英語が話せるようになれなかった子供がいるのもまた事実だと思います。

 

お金のかかる教材でないとしても、英検1級を中1で合格した子供の勉強法とか、中2でTOEIC満点!英会話も完璧にこなす子供に親がかかさなかった習慣とかそういうものだって実践して全ての子供が英語が話せるようになるわけではないんです。

 

大人になっても英語が話せない人もいます。だったら子供もどんなにやっても英語が話せない子供がいるんだということはしっかりと理解しておいてあげてください。ちなみに、子供時代に話せなくても、英語の知識や学習なんかでしっかりと根を張っておけば必ず大人になったときに英語で話せる能力がグンと伸びる日がきますから安心してくださいね!

 

子供が英語を話せるようになりたいと思わないと難しい

「子供 英語 話せる」これで検索!と調べる人はまず、全員が子供を持つ親であったり子供の英語教育に何かしら携わっている人だと思います。もしも、小3ぐらいの子供が「ちーっと英会話できねーとなー」なんて言いながらこの「子供 英語 話せる」でネット検索していたならその子はもう周りが英語に関してあれこれいう必要はないんじゃないかなって思います。

 

さて、何が言いたいかと言いますと、子供が英語を話せるようにと願うのはあくまで親の勝手な思いですよね?

 

「これからの社会、英語ができないと生きていけないのよ!ムリにでもやらせないと!」というお母様、だったらまずはアナタが英語を勉強するべきです。子を持つ親世代だってこれからの社会をいくらかは生きていく世代なのです。

 

習い事を半ば強制的にさせる親っているじゃないですか。ピアノ、習字、英会話、ダンス、学習塾、・・・子供に強制的にやらせていったいどんな良い効果があるんだろう?と少々首をかしげてしまいます。

 

他の習い事に関しては私はやったこともないので言及しませんが、英語を子供に強制的にやらせていい結果なんて産まれませんよ?まずはこどもの意見・思いを尊重してあげてください。そして、どうしても子供に英語を話せるようになってもらいたいと願うのであればぜひお子様とお話合いしてみてください。

 

親の思い、この思い。この二つがピッタリを合わさらないと子供が英語を話せるようになるための長い道のりは歩み始めることすらできないのです。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/