子供に英語で過ごさせてくれる幼稚園(保育園)や学童保育のメリット

Sponsored Links

英語で一日や半日を子供が過ごす幼稚園(保育園)や学童保育ってありますよね?そういうところに小さい頃から通わせて自分の子供にも英語が出来るようになってもらおう!と思い企んでいる親御さん、多いんじゃないでしょうか?今のうちに自然な英語を見につけて将来この子が世界をまたにかけて活躍できる凄い子になれますように!なんて願いながらね。私自身は幼少期にそういった英語で過ごす幼稚園(保育園)や学童保育に通ったことがありませんので自分の経験でお話することはできないのですが、私の知人たちから色々話を聞いていると、「あ、そんな感じ!?」と少々驚いたこともありましたので当記事で紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Links

英語の幼稚園(保育園)、学童保育・英会話教室との違い

まず、英会話教室とか子供向けの英語塾って、勉強ありきの場所ですよね?英語を学んで覚えて勉強する場所。それに対して、英語で過ごす幼稚園(保育園)とか学童保育はどちらかといえば英語の環境で過ごすことがメインとなっているそうです。なので、英語を教材を見て勉強するというよりは、外国人の先生と英語でごくごく簡単なおしゃべりをしたり折り紙や歌なんかを英語でやってみんなで楽しんだりするって感じらしいですよ。

 

なんか、そういうのを聞くと、「へーそういうのも楽しそうじゃん!子供の頃に行ってみたかったなー」と私自身も思ったんです。

外国人の先生がいて英語だけで接してくれてもちろん分からない言葉があれば助け船も出してくれてそういう環境だと本当に自然に英語が身に~って思ってたんですが!知人の何人かに話を聞いてみると、意外にもデメリットが結構出てきたんですよ。

 

外国人の先生がいる環境で子供が英語を学べるって時点でもうメリットについては多くの人が感じ取られていてむしろ、それいいじゃん!とこの記事を書く前の私のように思われている人が多いのではないかと思いますのでこれから、あえて、そういった幼稚園(保育園)や学童保育であったデメリット的なお話をしていきたいと思います。

 

子供が英語で過ごす幼稚園(保育園)、学童保育のデメリット

・ママ、なんで日本語しゃべっちゃだめなの・・・

英語での学童保育にわが子を通わせていた方から聞いた話ですが、そこでは日本語は原則禁止というルールがあったそうです。もちろん、罰則的な意味はなく日本語じゃなくて英語で表現することを考えてやってみよう!それで英語力をつけていこう!というのが目的だったそうです。親御さんも当初はその考えに賛同しそれいいわねと思い通わせることを決めたらしいのですが、1か月ほどたつと、お子様が「ママ、日本語しゃべっちゃだめなの?」と半泣きでたずねてきたそうです。お母様もびっくりしてどうしたのかと聞くと、学童保育で先生から英語をしゃべるようにと教えられていたことが彼女なりにストレスでショックだったとのことでした。

 

学童保育で子供に対して威圧的な態度や子供に対して問題ととれる行動はなかったのか?と思いその母親は学童保育に問い合わせたり、子供を交えて話し合いもしたりしたそうです。結果、学童保育側に問題はなくその子供が英語漬けな環境に対応しきれていない、ストレスを感じているということだったそうです。

 

みんながみんな英語に慣れることが出来るわけではないんですよね。

 

・英語なんてうちの子すぐ忘れたわよ

過去の自分のお子様を英語で過ごすタイプの幼稚園に通わせていたというお母様です。幼稚園で過ごしていたときはそれはそれは楽しそうにお友達や先生と英語で話していて卒園する頃にはお母様も「えーこんなにできるようになるの!」と驚いたほどだったそうです。しかし、それから小学校、中学校とすすむにつれて子供にも英語以外にももっともっと楽しいことが表れてきます。

 

テレビゲームやクラブ活動、友達とのお出かけ、買い物、携帯電話・・そんな中でも学校の授業は受けないといけないしテストで点数とって高校受験も頑張らないといけないただ、彼の中で「あ、英語もちゃんと忘れないようにキープしなきゃ!」という思いはお母様曰くあまりなかったのではないかということでした。

 

高校に入学する頃には英語なんて得意どころかむしろ不得意な科目になってしまっていたそうです。当然、しゃべれることもなくなってしまっていたそうです。英語は使わなければ忘れます。小さい頃に覚えたからといって一生ものになるというわけではないのです。

 

・子供に本当にごめんなさいと言ったママ

最後に日本国内においては少し特殊な事例かもしれませんがこうなっちゃう子もいますよというお話をさせていただきます。子供に英語ができる人になってもらいたくて、いわゆる英語漬けで生活させてくれる幼稚園(保育園)に入園させたママ。子供自信もどうやらもともと素質もあったのか大変興味を持ち毎日楽しく過ごしていたそうです。幼稚園の先生の評価も良く、将来は本当にプロの通訳になるんじゃないかしら?等大人たちの夢をふくらむ一方でした。

 

ある日、子供が話しているとしばらく表情が固まってしまったことに気づきました。お母様が「どうかしたの?」と聞くと、「あれ、なんだったっけw」と子供。何か様子がおかしいと思い子供とさらに話を続けると母親は子供のある異変に気付きました。

 

「この子、日本語がヘタになってる・・」

 

海外留学なんかで長く日本語から離れた人は日本語を一部忘れてしまったりする人がいるというのを聞いたことがあると思います。これに似た現象って日本国内でいても起こる人がいるんです。実際に、日本国内で1週間程度外国人だらけの中で過ごしてほとんど日本語を使わなかったこれぐらいの状況でも少しだけ日本語がたどたどしくなっちゃう人いるんですよ。

 

これが、子供であればなおさらに起こりやすいと思います。少し日本語がヘンになってもしゃべれるならと思う親御さんもいるかもしれませんがこの話題のお母様は子供に対して「本当にごめんね。ママが英語頑張ろうなんて言ったからだね」と少し泣きながら謝ったそうです。

 

その後、母親が早く気付いた甲斐も会って、専門家に相談したり日本語の会話や話す訓練も積極的に取り入れることでお子様は見事、母国語である日本語に一切支障をきたすことなく卒園を迎えられたそうです。

 

 

さて、私が聞いた3つの事例をお話させていただきました。他にも、「お金がかかる」「そもそも料金のシステムが最初から分かりづらかった」「外国人の先生が思ったよりそっけない愛想が無い」なんていう意見もありました。

 

こういった英語漬けで子供が過ごせる環境ってもちろんいい面もあるのですが、こういったデメリットもあるということをぜひ知っておいてほしくて紹介させていただきました。私もこういう話を聞いて色々と調べてみたのですが、あまりに幼い頃から英語漬けにしてしまうと後に大人になったときにまで日本語の

語彙力、文法力、会話力、表現力、理解力

に良くない影響を与えてしまうことがあるそうです。皆様の周りでもいませんか?この人、冗談抜きで何話してもちゃんと通じてないんじゃない?という人。もちろん、本人の元々の能力という場合もあるかもしれませんが幼少期に今回お話したような類の経験をされてこられた人であるかもしれません。

 

実際に、人気タレント・モデルとして活躍されているハーフの女性で日本語が明らかにおかしい人いるでしょ?彼女のお母様はロシア語の通訳で「幼い頃には周りに少し文法や表現のおかしな日本語を話すロシア人がいたという環境で育ったためああいう日本語になてしまったのではないか。」とそのタレントのお母様は話しているそうです。

 

このタレントさんのようになるのは極端な例でしょうけれども、子供には自分の国の日本語がしっかりと話せるというベースの上に英語もしゃべれるという人に育ってほしいですよね。

 

 

本格的な英語の勉強は中学校からでも高校からでも大人になってからでも可能です。特に幼少期は英語を聞かせる英語で遊ぶぐらいにとどめておくのがいいでしょう。日本語力を養うのにもたいせつな時期らしいですから。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/