子供の英語のライティング力を簡単かつ圧倒的に伸ばす勉強法

Sponsored Links

 

子供英語力、ついついしゃべる英会話のほうに目がいってしまいがちなんですが、英語のライティング能力もしっかりと身に着けておきたいと親御さんたちは考えているはずです。というのもですね、やっぱり言葉ってしゃべればそれでいいじゃん!ってわけではないですよね?子供の英語を伸ばす勉強法を考えたときにその目的は子供が将来、仕事なんかで有利になるためということが多いです。となると、ちゃんと英語で文章を書くことができる能力だって当然求められてくるのです。さらに、しゃべる英語ってね?とりあえず通じたらOKみたいな部分もあって構文とか文法が少々ヘンでも通用することもあるんですが、文字に起こすときってその辺がしっかりとできてないといけないんですよね。このあたりは日本語も同じですよね?ということは、しゃべる英語でもちゃんとした場でしっかりと話す英語も視野にいれている場合にはやっぱりライティングも大事になってくるわけです。

さて、前置きがダラ~っと長くなっちゃったんですがそういう英語のライティング能力を子供のうちから培っておけば将来本当に英語で苦労しなくなります。

 

今日から、いや、いまこの瞬間から始められるような簡単な子供の英語のライティング能力を伸ばす勉強法があるんです!

 

今回の記事ではそんな方法について詳しく説明していきたいと思います。

 

Sponsored Links

子供の英語のライティング力を伸ばす簡単すぎる勉強法

正直、今からお伝えする方法を勉強法といっていいかどうか迷ったんですよ。

 

まぁ先に言っちゃいますね。

 

英語で日記をつけるんです。これを続けるだけでお子様の英語のライティング力はおもしろいように伸びますよ。

 

いかがでしょうか?もっとものすごい特殊な訓練を思い浮かべた人もいたのではないでしょうか?高い教材を売りつけられるのではないかと思った人もいたのではないでしょうか?

そりゃ、高い教材売りつけることできれば私にもお金が入るかもしれませんが、私が知っている中で一番子供の英語のライティング能力を伸ばすだろうなーって思えるものは、100円以内で今の時代なら買えちゃう普通のノートと鉛筆さえあれば誰でも始められるただの日記なのです。

 

子供の英語のライティング能力を伸ばす方法:やり方&実践!

ただの英語の日記っていってもどうやってやればいいのよ!とお思いの方もいらっしゃると思いますので、私が自分自身もやっていた英語の日記の一番簡単なやり方を説明したいと思います。

 

まず、以下のようなひな形を用意しましょう。

 

May 1st

It was sunny today.

I like to play piano. I enjoy it.

I really like music !

 

 

はい。こんな感じです。ちなみに、上記の英文は小学生~中学1年生を想定して作りましたが、英語のレベルはお子様のレベルに合わせればいいと思います。が、もともとが英語が苦手でというお子様であればたとえ何歳であっても上記のレベルから入ることをおすすめします。なぜかという理由は後で説明しますね。

 

さて、この日記。あくまで私が中学生時代にやっていた英語日記の形式であってもちろん他のやり方でもかまいません。が、この形式が書きやすいんじゃないかなと思います。この英日記は

 

日付

今日の天気

今日何やったか

簡単な締め

 

の4部構成となっております。文章の数も上記のように3~4文ぐらいがちょうどいいです。それより短いと効果があまりないですしそれより長いと続きません。

 

この構成のままで英日記を続けているとね?文章数とかは同じなのに書いている内容がレベルアップしていくんですよ。それでいて、その成長が日記を見返してみれば一目瞭然なんです。

 

ちなみに、続けていくとと書きましたがこの勉強法、毎日やるのが望ましいです。それが難しいなら週1とかでもいいと思います。この勉強法で大事なのは使う英語のレベルでも英文法の正確さでもないんです。大事なのは英語を毎日使うってことなんです。だから、先ほど英語が苦手な子なら何歳であっても中1レベルの英語日記から入るといいですよ!というお話をしたんです。

 

どんなに高度な英文法や英単語が使えても1日だけであれば効果は期待できませんからね。

子供の英語のライティング能力を伸ばす方法:効果的だといえる理由

ここらで、「毎日同じようなことばかり書いていて本当に力がつくの?」と少々疑問に思われている方もいらっしゃると思いますのでそのあたりの説明をしておこうと思います。

 

確かにこの方法、毎日おなじようなことの繰り返しになるんです。毎日日付書いて、やったこと書いて、天気書いて、楽しかったーとか書いて。

 

でもね?毎日の会話とか文章に書く言葉とかってだいたいパターン決まってませんか?

 

人にあったらこんにちはだけど、日によってはあと5パターンぐらいあるんだよねとかないですよね?ww

 

またさらに、英語日記を書き続けていれば絶対に「ちょっと変わったこと書いてみようかなー」と辞書に手を伸ばす瞬間がやってきます。その瞬間を迎えることができればそこからはお子様の英語ライティング能力は勝手に伸びていくことでしょう。英作文のバリエーションも増えていき学校の英語の英作文のテストなんかでは悩むことなくすらすらと解けるようになっていることと思います。

 

子供の英語のライティング能力を伸ばす勉強法で一番大事なこと

最後にこれ絶対にいっておきたいなってことがあるんですが、子供の英日記、子供の好きなこと書かせてあげてください。なんでも書いていいんだよ!と言ってあげてください。英日記をやるうえで内容のまじめさなんてどうでもいいことなんです。それよりもむしろ、「勉強なんだからふざけたこと書いちゃダメ!」なんて言ってしまえば英語が一気につまらないものになってしまいます。

 

好きな音楽のこと

好きな男の子のこと

嫌いな先生のこと

パパの悪口

などなど

 

好きなように書かせてあげてください。もちろん内容によっては好ましくないようなものもあるかもしれませんが多少ネガティブな内容であってもグチのレベルで済んでいるようなものであればそのまま書かせてあげて問題はないと思います。

 

だって、もしもお子様の英日記の内容がそういうものだったらすごくないですか!?

 

そのときあなたのお子様は、「英語」でグチってるんですよ?

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/