子供の英語はいつから?脳科学は信じるべき?

Sponsored Links

子供英語の勉強や英語にいつからやるべきか?始める年齢に関して脳科学の観点から解説されているサイトを見かけたりすることがあります。また、脳科学者の方が子供の英語を始める時期に関して様々な本を書いたり、テレビやラジオなど色んなメディアで語っているのを見たことがあります。おそらくこのサイトに訪れてくれるかたもそういうものを一度や二度は見たことがあるのではないでしょうか?私はそういう脳科学だとか児童発達学だとかにはそこまで詳しい人間ではないので「こどもの英語は脳科学的にはこの年齢までにやったほうがいい!」なんてことを説くことはできませんが、色々な記事や本を見て子供の英語を始める時期と脳科学に関して思ったことがありましたので記事を書いていきたいと思います。お子様への英語教育で中には焦ったり心配になりすぎる親御様もいらっしゃると思うので参考にしていただければ幸いです。

Sponsored Links

子供の英語を早く始めないとと急かす記事

まず、私個人的にいかがなものかな?と思う脳科学という言葉の使われ方についてお話していきます。「脳科学的には〇歳までに始めたほうが子供は英語を習得しやすくそれ以降になると脳がドンドン・・」こういう煽り文句から始まり、よくよく最後まで読んでみると英語教材の勧誘であったり、子供向けの英会話教室の資料請求への誘導であるそんな記事を見たことはありませんか?

 

さらにそういう記事の中には「今申し込めば入会金は無料でお得ですよね!大切なお子様のためにも」などと言うダメ押しまで書いてくるものもあります。

 

こういうことを書いてくる記事とかってね、全部が全部じゃないんですけど、結局はお金儲けのために書いているということが多いんです。子供の英語なんていうジャンルはみんな親が大事な子供のためにやってあげたいことだということをちゃんとわかっているんですよね。

 

だから、不安をあおったり、脳科学なんていう信ぴょう性の高そうな言葉を使ってくるんです。

 

もちろん、お金に余裕があって、子供も興味があってその上で「へーそういうのあるならやってみようかなー」とい人はいいと思いますよ?やって損になることはないと思いますからね。

 

ただ、そういう記事の「脳科学」という言葉にドキっとして子供の将来に不安を感じたりして、「どうしよう、それならやらないと。え、やった方がいいのかなぁ・・・」という始め方はしなくていいと私は思います。

 

子供の英語、脳科学の観点から解説してくれた素晴らしい記事

私自身も、脳科学的な観点で子供の英語っていつからが妥当なんだろうか?と思い色々調べたんですが、読んでいて思わず「うんうん!」と強く共感できる素晴らしい記事がありましたので紹介したいと思います。

 

子供の英語教育はいつからが最適でしょうか?|子供英語相談室

 

是非上のリンクより記事を読んでいただければと思います。

 

ここで軽く読んだ内容を抜粋してまとめてみると、

 

脳科学の観点からいうと子供の英語のスタートは早ければ早いほど良い。しかし、0~3歳ぐらいまでは「英語を聞かせる」程度でOK。

子供の英語の土台ができてきたら、英語と日本語の区別をしっかりとさせて英語を日本語の代わりに言わせるということをさせてみる。子供にもよるがこのタイミングは3~4歳ぐらいが目安。

 

とのことでした。

 

子供の英語はいつからに焦ることはない

最後に私自身の経験も交えてお話させていただきます。私は、専門家ではないので紹介した記事の内容が当たってる、間違ってるの評価はできませんが、個人的に自分もこの記事の通りだったかもしれないと思いました。

 

小さい頃は私の記憶にはないのですが母親曰く、良く英語の子供向け番組を見入っていたそうです。なぜそうなったのか尋ねてみると、母は、そういうものを見せたら興味を持つかな?と思いよく私に見せるようになったのがきかっけだったといっていました。

 

そして、まさに4歳ぐらいの頃に、私は母に「なすびは英語でなんていうの?」と聞いたそうです。

 

なんでそんな質問?って思うでしょ?

 

多分なんですが、当時、テレビで英語できゅうりはCucumber(キュウカンバー)と言っていたそうで、子供ながらに「え、じゃぁなすは?」と思ったんだと思います。

 

きゅうりとなすって季節も同じだしよく漬物で一緒にでたりするじゃないですか?だから、セットみたいに考えていたんでしょうね。

 

まぁこの質問に母親は「えー分からないなぁw」と笑っていたそうですけどね。

 

英語の教育番組をよく見ていたことで、紹介した記事にも書いてある言葉の土台ができたであろう頃に日本語と英語は違うということは意識できかつ、自分でなすびを英語でアウトプットしようとしたというところではないでしょうか。

 

ただね、これ見て、「よっしゃ、お金かけなくてもOK!明日からうちの子にも子供向け英語番組みせまくるぞ!」って思った方、

 

 

待って待ってww

 

私も、毎日はそういう番組は見なかったそうです。だって、子供って色んなものみたいじゃないですか?同じものを勉強のために見続けるのって大人で必要性が分かるから出来ることですよね?

 

私の母も私が他のものを見たいときには無理強いはしなかったそうです。

 

まぁ私の幼少期の成長過程が万人にあてはまるとは思いませんが、紹介した脳科学の記事を合わせて参考にしていただければと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/