子供に英語のアルファベットのabcを教えてあげるときのとても大切な工夫

Sponsored Links

子供が小さい方、特に、0歳~3歳ぐらいのお子様をお持ちの方でしたら、お子様に英語のアルファベットから教えてあげようかなーと試みている方も多いと思います。ちなみに、どうやって英語ABCをお子様に教えていますか?自分で発音、英語の歌のCDなどの音源を聞かせる、なんなら本家本元の外国人の知り合いがいるからその人に直接しゃべってもらっていると色々な方法があると思います。今回は、私がおすすめする子供にABCを教えてあげる方法を紹介したいと思います。

 

Sponsored Links

子供には正しい発音のABCを教えてあげるべき!

親が一緒に

エービーシーディー

といわゆる日本語読みで英語のアルファベットを教えるのは私個人としては賛成できません。というのもですね、私も英語を勉強していてあるとき気づき始めたのですが、ABCをエービーシーと発音しているのはあくまで日本語での発音なんですよね。

 

英語の発音って少なくとも日本語でよくいう「えー」ではないはずです。じゃぁAはどう発音するのか?それは発音記号が教えてくれます。Aの発音は発音記号では、

[eɪ]

 

と表されるんです。この発音記号、読もうと思えば、しいて日本語のカナで表すならば、エイと読めますよね?子供に英語を教えるのであればただただ触れさせる、聞かせるという時点でもここまでこだわった方が私はいいと思います。

 

だって、ABCは英語の文字であって、それらの英語での発音を用いた会話をお子様は最終的に習得していくというのが目的だと思いますのでね。

 

親も一緒にABCを練習しよう!

さて、生の本場の英語の発音でのABCを聞かせようと思えば、CDなり教材ビデオなり色々あります。それを流しっぱなしで子供に見せて「ホラ、ABCだよー」と見せてあげるだけではなくぜひとも親御さんも一緒にABCの正しい発音を練習してみてください。

 

英語なんて私全くできないんだけどという人、そういう人こそ一緒にやる意味があると思います!

 

例えば、CDとかテレビとかでABCが流れていて、子供がそれを見ていて、親が一緒に「エービーシー」って言ってたら、子供としては「あ、ママ(パパ)がエービーシーって言ってる。これが英語の読み方なんだなー」って思いかねないですよね?

 

子供にはおそらくですが、親が伝えてくることのほうが優先順位が高いと思うんですよ。本当はこの外国人のお兄さんの発音の方が正しいんだよーなんてことは子供が自分から分かることではないですよね?

 

だからこそ、親も一緒にABCの発音を英語の本家の発音で真似てみて「英語の言い方って難しいね~〇〇ちゃんはできるかなぁ?」って具合に教えてあげた方がいいと思います。

 

やはりですね、「英語」は「日本語」とは違う言語であるんだということを様々なシーンで教えてあげることって大切だと思うんです。もちろん、エービーシーっていう言い方の方が子供も発音しやすいとは思うんですが、正しくは、eiと発音されているものであればせめて「エイ」ぐらいには発音できたほうがいいですよね。

 

子供が正しいABC発音を学んでおくこともメリット

お子様にガチガチに完璧にABCの発音を教え込まなくてはいけないことはありませんが、英語の発音を教えておくことで後々の英語の勉強とくに単語学習がラクになってくると思います。というのはですね、英単語は当然英語のアルファベットから成り立っているわけですから英語のアルファベットの読み方がベースになってるんですよ。

 

例えばね、Creatorという言葉があります。意味は創造者や創設者という意味でクリエイターという日本語にも今ではなっていますね。

 

このクリエイターのエイという部分、CreatorのAの部分にあたります。英語のアルファベットの発音をしっかりやっていなかった私が中学生だったころなんかは、「へー、英語になったらエーとかア(←ローマ字ではアと読むため)とは読まないのかー」とどこかしっくりこない感じだったのですが、途中で英語が分からなくなった時期があって、アルファベットの読み方からやり直したときに「そうかぁ、英語のAはエーじゃないんだ。エィなんだ」と思ったと同時に「子供のころからちゃんとした発音で覚えておけばよかったなー」と思ったのを今でもよく覚えています。

 

アメリカやイギリスなど英語圏の子供たちはABCを本来の英語の発音で覚えていきそして英単語や英会話を覚えていきます。本場の子供たちにならってABCつまりアルファベットから本場の発音に親も一緒に挑戦して子供に「あ、これはいつもの言葉と違う言葉なんだ!」と認識させることが大事だと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/