子供の英語、4歳のわが子にコレをやっておくと英語力の基盤がしっかり作られる!

Sponsored Links

子供4歳までにすべての親孝行を済ませるなんて言葉を聞いたことがあります。私自身はどうだったのだろうかと少し遠い目をしてしまいました。さて、そんなこの言葉を正直に解釈するならばちょうど親孝行が終わろうとしている4歳のお子様に将来大人になってからも英語を習得して、稼ぎのいい仕事に就いてもらってどうか親孝行を続行してもらおうという記事になります。というのはまぁ冗談として、4歳、この時期は英語のベースを作るためのいい時期でもあるんです。この時期にやっておいたことが後々の子供の英語力が伸びるきっかけになったんだろうなと気づく親御さんも多いんです。そんな4歳のわが子にやっておきたい英語力の基盤をしっかりと構築するためにやrべきことを紹介していきます。

 

Sponsored Links

4歳の子供と英語の教育番組を一緒に見よう!

4歳というと、子供によっては保育園、幼稚園、またはどれにもいかずに自宅で親と一緒にいるのどれかに当たると思います。つまり親がお子様と一緒に過ごせる時間がおそらく一番長く取れてかつある程度のコミュニケーション能力も発達している時期ですよね?そんな時期だからこそ、英語の子供向けの教育番組を一緒に見ましょう。すごく単純なことでなーんだと思われるかもしれませんが、この習慣には絶対にやってはいけないこともあるのです。

 

無理やり見せてはダメ

「さあ、英語のテレビ始まったよ!みましょうね!ホラ、見なさい!あ、コラ!なにやってんの!それはパパのスマホでしょ!どうせろくなもの出てこないんだから開いちゃダメ!」

 

こんな具合に、子供が明らかに他事に興味を示しているのに無理に英語の教育番組を見せようとしてはいけません。イヤイヤにやらされたものってちゃんと子供はそれいこうも覚えているもので、子供の記憶の中に「英語=親に無理やりやらされそうになたもの」というつらい思い出が残ってしまいかねません。そうなったら悲しいですよね?

 

英語の教育番組を見たくない日は見なくていい

子供だって気分があります。今日は英語のヤツ見たくないなーそれよりもヒーローもの見たいなー、カワイイアニメ見たいなーって日もあって当然です。だから子供がどうしても見たいものがある日はそちらを優先してあげましょう。もしも、どうしても英語の教育番組を見せようとしても全く見ようとしない、全然チャンスがないという場合には親サイドが「自分が見たいから一緒に見ないか?」というテイで誘ってあげてみてください。

 

昨日はアニメみたから今日はママの好きな英語のテレビ見せてよ、交代だよ?てな感じでね。

 

4歳の子供に外国の話をしてあげよう

他の記事でもお話したかもしれませんが、4歳ごろだとまだまだ日本以外の国という認識が十分にできていないことがあります。そこで、諸外国についてお子様に話してあげてみてください。親御さんが実際に海外に行ったことが無かったり、海外に関する知識がなくても全く問題ありません。

海外にいけば日本とは違う色んな人が住んでいる

日本では味わうことのできない食べ物もある

日本にはないような美しい場所がある

お菓子もいっぱいある

日本のおもちゃと海外のおもちゃではこーんなに違う

 

ネットで調べながらでもかまいません子供の一緒にまだ見ぬ異国の世界に思いを馳せながら「こういうところ行けたら楽しいだろうねー」という話をしてあげてください。

 

ここで大切なのは、お子様に

・日本以外の国には違った魅力が沢山あること

・その魅力に触れるためには英語が強い助けとなってくれること

の2点を強く伝えられるようにしましょう。

 

4歳の子供に生の英語を聞かせてあげよう

活きた英語、生の英語ほど素晴らしい英語の教材はありません。そういったものに子供のうちからより多く触れていると英語に対しての抵抗感を少なくしてさらに興味を持たせることもできます。

 

しかし、生の英語を子供に聞かせてあげるのってなかなか難しそうですよね?外国人の知り合いがいるなんていう人がいれば別ですがなかなかそういう人って少ないのではないでしょうか?

 

だったら、テレビやネット、を利用すればいいのです。

 

今の時代、YouTubeでも外国人のYouTuberの方も沢山いらっしゃいますしテレビ番組で外国人の方が英語を話すシーンもよくみられます。

 

そういうシーンをより多く子供に見せてあげてください。そこでもしも、お子様が「なにこれ!なんかカッコイイ!なんかすごい!」なんて言い出したらもうこっちのもんですよ?奥さん!

 

 

以上となりますが、このほかにも英語に触れること、英語を楽しめることであれば色々やってみてあげていいと思います。例えば絵本とか、ゲームとか、音楽とかそういうものを英語で楽しもうという試みもきっといい方向に働くことでしょう。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/