子供の英語での呼び方。え!pumpkinってカボチャじゃないの??

Sponsored Links

子供英語を学ばせたい、親しませたい!だったら、自分の子供を英語で呼んでみたいなんて思われた方いますよね?でも、本名はコテコテの日本語名なのでそれを英語っぽく発音してもどうも英語感が出ません。だったら、日本語で子供に対して「おちびちゃん!」とか「お、よくきたな元気ぼうず!」みたいないいい方で呼んでみたいもの。でも、英語で子供の呼び方ってどんなのがあるんだろう?そう、そんなあなたにお届けするのが今回の記事になります。もう、タイトルにも記事画像にも使われていて気になっていらっしゃる方もいると思うので少し触れておきますね。パンプキンってカボチャでしょ?→はい、そうなんですが実は他の意味もあるんですよ。

 

Sponsored Links

英語での子供の呼び方

さて、今から紹介していくのですが、お子様とお話になるときには、

・本来の意味もしっかりと覚えてもらう

・あくまで英語での表現になるので日本語としてで使っても伝わらない可能性が高い

 

の2点も併せて教えてあげましょう。

 

1、Sweetie

読み方はスウィーティーです。意味としてはカワイイ人、カワイイモノといった意味があります。また、キャンディー等の甘い物という意味でも使われたりもします。

 

子供に対してではなく、若者がカワイイ女の子に対して「Hey sweetie」みたいに使うシーンが映画にもあったりもします。

 

sweetという英単語の派生ではないかなーと思います。sweetって甘いって意味があるでしょ?英語では甘い=愛しいとかカワイイ、大切なって意味に結び付けることがあるようです。

 

甘いだったら、砂糖:Sugarがあるじゃないかと思った方、そうなんです実はSugarも可愛い人って意味で使うこともあるんです。

 

日本語だと、「お砂糖ちゃん!」

 

んーなんか言われた方はびみょうな気持ちになりそうです。

 

2、cutie

読み方はキューティーです。続けてハニーと言いそうになった私がここにいました。

さて、このCutieもなんとなく想像がつきますよね?Cuteという言葉があり可愛いという意味ですから、このCutieは可愛い子ちゃんという意味になるんです。

 

主に女の子に対しての言葉でしょうね。

 

3、darling

読み方はダーリンです。意味は愛しい人とか可愛い人とかそういった感じの意味です。

この言葉って日本人のイメージでは女性が男性に対して使うイメージが強くないですか?うる星やつらのラムちゃんも「ダーリン」と呼んでいましたよね?

 

でもね、実はこのDarling、男女兼用でございます。

 

男→女、女→男さらには親子間でも使うことができる大変便利な言葉なんです。

 

私も早くダーリンと呼べる人が欲しいものです。

 

4、pumpkin

でました!おそらく今回の記事で一番気になっている人が多かったであろう英語です。読み方はパンプキン。意味はかぼちゃです。

 

さらに、カワイ人とか大切な人って意味もあるんです。

 

この言葉、日本人の感覚には馴染むのは難しい言葉ですよね。だって、日本で男の子が意中の相手に「やぁ、僕のカワイイかぼちゃちゃん!」なんて言おうものなら確実に往復ビンタからのシカト退散をくらいかねません。

 

ちなみになんですが、Pumpkin。この英単語はカボチャという意味で正しいのですが実は日本でお馴染みの深緑色の皮の煮物とかにしておいしいカボチャではないんです。

 

Pumpkinというのはハロウィーンでよく見るオレンジ色の皮のやつあるでしょ?あのカボチャのことなんです。

 

 

じゃぁ緑の方のかぼちゃはなんでいうんだって話なんですがこちらはsquash(スクゥワッシュ)と言います。

 

 

本当に色んな表現がありますよね。ただ、パンプキンを除いてはどれも日本人でも納得しやすいものだったのではないでしょうか?他にも、honeyとかprincessなんて呼び方もあります。もしかしたら、特定の人の間でのみ使われる呼び方や日本でいう方言のような呼び方もあるかもしれませんね。

 

「子供の英語での呼び方」こういうの英語でなんて言うの?

最後に少しだけ番外編のようなことを書いて終わろうと思います。

 

もしも、外国人の方に、なんか子供を名前じゃなくて今日紹介したような感じで呼びたいんだけどそういうの教えてよ!って言いたいとき、こういう言い回しを英語でなんというと思いますか?

 

英語ではterm of endearmentと言います。意味は愛称です。

 

termは用語とか専門用語という意味がありendearmentは愛情の表示とか親愛という意味があります。

 

親愛なる大切な人に愛情をこめて呼びかける言葉、こういった英語、素敵ですよね。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/