子供の英語レッスンを自宅で実践することのメリット、デメリット

Sponsored Links

 

みなさんこんにちは、今回はですね、子供英語レッスン自宅でってことで話をしていきたいと思うんですが、まず自宅での子供の英語レッスンっていうのはなんなのかというとこれはオンラインでの英会話レッスンのことをこの記事では指します。英会話の先生を自宅に呼んで家庭教師のように子供に英語のレッスンをしてもらうという方法もあるにはあるんですが、英会話で子供に家庭教師ってなると、なかなかのお値段ですよ~?でまぁ、オンラインの英会話レッスンであれば少なくとも家庭教師よりは安く上がると思います。ちなみに、このブログでも子供向けの英会話のオンラインレッスンを紹介している記事がありますのでぜひともこちらもご覧ください→(子供の英語教室は外国人講師がいないとダメ?ウチの近く、ないんだけど・・・)さて、当記事ではオンラインレッスンの種類ではなく、子供に英語のレッスンを自宅でさせることができるオンラインレッスンのメリット、デメリットに関してお話していこうと思います。お母さま方、ぜひ参考にしてください!それではいってみましょう!

 

Sponsored Links

子供の英語レッスンを自宅で行うメリット

1、シャイな子でも大丈夫!

どうしても教室に通うとなると他の子供たちとのかかわりもできてきます。子供同士が仲良くなったり友達ができたりっていうメリットもあるんですが、どうしてもそういうのが苦手という子供もいるんです。そういう子供にとってはオンライン、自宅でできる英語のレッスンはもってこいといえるでしょう。

 

まぁ、本当は外へでていろんな子と話せたりするほうがいいのはいいんですけど、そこは子供それぞれのペースもあります。苦手を無理強いして連れていくよりも、オンラインレッスンで話す楽しさを覚えてもらって徐々に外へというのもアリだと思います。

 

2、交通事情を気にしなくていい

英会話教室も、塾も、お母さんたちの悩みの種の一つが交通事情です。これは地方や郊外でとくに起きることでして、車で送り迎えしなければいけない立地にある教室であればそこまでかかる時間であったり、迎えに行った際の車を止めるスペース、駐車場の有無であったりはたまた、子供が車から降りて少し歩く距離でも交通量の多い場所であれば心配になったり。

交通事情って塾や教室に通わす子供をもつお母さん、お父さんんたちには本当に大きな問題なんです。

 

もっといえば、車持ってないよ?子供どうやって送っていこうという人もいることでしょう。

 

こちらも問題もオンラインであれば全く問題ありません。教室までの移動時間ゼロですからね。

 

なんなら、授業してる先生のいる場所が海外!なんてこともオンラインなら可能なんです。

 

3、子供がおっくうになりにくい

これ、親側もなんですが、やっぱり通いってなると正直、面倒くさいときもでてくるじゃないですか?そんなときに、車で送ってるときに子供がなんかワケのわからないこととかわめいた日にはママさんだって「キー!」ってなっちゃいますよね?

でも、自宅でいるならそういうおっくうな気持ちにもなりにくいです。かかる手間はパソコンをセットするぐらいですからね。

 

子供の英語レッスンを自宅で行うデメリット

1、人との接触がない

やっぱり、英語はコミュニケーションの道具です。実際に人と対面でやりとりするのがだいごみでもあります。それをオンラインで行えるのは便利ではあるんですが、やっぱりどこか物足りなさを感じることはあるんじゃないかなと思います。

 

2、ハリあいがない

基本的に、一人でもくもくとレッスンを受けるだけですから競い合う友達も悩みを共有できる友達もいません。強いていうならママさんパパさんがそういう存在になってくれるとは思いますがそれでも同世代の子供と話すのとは違いますよね?

 

今日、すごく上手にしゃべれてたじゃん!

僕もうまくなったでしょ?

 

こういう会話はオンラインでのレッスンだと難しいでしょう。

 

3、始めやすい=辞めやすい

教室を構えているタイプの塾等と違って、入会の申し込み、手続き等は本当に簡単です。クレジットカード1枚で明日からレッスン!なんてことも全然あります。

 

ただ、気持ち的な意味で簡単に始めやすいということは簡単にやめやすいということでもあるんです。子供側にしても、辞めたいと思ったときに引き留められる理由が実際の教室だと、

・好きな女の子も教室にいる

・先生が好き

・友達と一緒にワイワイが好き

・レッスンのあとに教室でお菓子がでる

 

など、「辞めてーけど、あ!コレあるからなぁ~どうしようかなぁ」的なものがあると思うんですが、オンラインのレッスンの場合だとそういう引き留め要素ってあまりないんですよね。

 

受講する本人のメンタルバランスを日ごろから見てあげる必要があると思います。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

instagramもやってます→https://www.instagram.com/kodomonieigocom/

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/