子供に英語の辞書アプリ?それよりももっと必要なもの

Sponsored Links

 

おはようございます!芦田愛菜です!ウソです!Umiです!今回はですね、子供に向けての英語辞書アプリってことで記事を書いていこうと思っているんですが、そもそも、子供になんかいい英語の辞書アプリないかなーって探し求めている人がいるってことですよね?なんでそんなものいるんだよ、アプリじゃなくて普通に辞書買ってあげなよ!と私は心から言いたくなります。確かに、辞書アプリだろうが、電子辞書だろうが、紙の辞書だろうが調べられるものは同じです。合理的に考えるのであれば、みんなスマホとか持ってんだから英語の辞書アプリあればもうOKでしょ?って話になりそうなんですが実は紙や電子辞書は子供の英語教育においてとても大切なものでもあるんです。

 

Sponsored Links

子供には紙の英語辞書を買ってあげてください

辞書アプリをこの記事で紹介するほうがきっといい記事なのでしょう。そのほうがイイネとかSNSでの拡散とかもされやすいのかもしれません。しかし、私はあえて声をあげます。

 

紙の辞書、買ったげてーな。

 

紙の辞書を使うということに効率の悪さを説く人がいます。確かに、電子辞書であればパッパと一発で調べられますものね。でもね、子供に電子辞書であったり英語の辞書アプリであったりは特有の弱点があるんです。

 

それは、モニターに映ったものを見るということ。

 

別に電子機械であれば普通のことなんですが、これね、モニターに映し出されたものって皆さんも経験あると思うんですが、文字情報も「見る」んですよ。でも、辞書で調べたものは「読んで」理解しなければいけない。

 

さらに、電子辞書や英語の辞書アプリは親切に文字の大きさやフォントをとても見やすいものにしてくれていますので「見る」による理解もよりはかどります。一方、紙の辞書は面白くもなんともない文字の羅列を目で追わなければいけません。自分で意識して「読ま」ないとちゃんとした理解まで落とし込めないのです。

 

どんな時代になっても紙、本は絶対になくならない

今の時代、本も電子書籍で読むという人が増えています。でも、紙の本って絶対になくならないですよね。電子化はあくまで便利な方法の一つです。

さらにいえば、パソコン、スマホがこれほどに普及しており電子署名ということまでできるようになりました。

 

でも紙の書類ってまだまだ必要ですよね?

 

記録媒体において最強のものは紙ともいわれています。

 

湿度や温度などの環境条件に左右される部分も大きいですが、紙の辞書は大事に使えばあなたの子供があなたぐらいの年齢になってもなお使える可能性があります。対して、電子機器は10年、20年以上もつってなかなか難しいですよね?

 

子供には紙の英語の辞書、その次が電子辞書で本人が必要を感じれば英語の辞書アプリ!

親が子供に選んであげて与えてあげるのは電子辞書まででいいんじゃないかなと思います。さきほどの電子書籍の話じゃないですけど、辞書アプリってスマホでもできればまー便利だよね?っていう考えのもと作られたものです。さらに、スマホが壊れなくても提供側がサービスを終了させてしまえばその辞書は使えなくなります。

 

いつなくなるか分からない。そんなドキドキな辞書メインにはいらないでしょ?

 

 

とりあえず、アプリ辞書探す前にまず子供に紙の辞書をプレゼントしてあげてください。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

instagramもやってます→https://www.instagram.com/kodomonieigocom/

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/