子供の英語のために留学をフィリピンやシンガポールへと思っている親に改めて考えてほしいこと

Sponsored Links

 

子供英語留学先としてもフィリピンやシンガポールは人気なようですね。その理由の一つとして、欧米諸国と比べて渡航費用、現地での物価もろもろがお安いということやフィリピンやシンガポールでは英語が公用語のような状態になっているために英語の質も低くないということがあげられるそうですね。私自身、海外への留学はおろか渡航経験すらありません。しかし、負け惜しみのように聞こえるかもしれませんが大人になった今、改めて考えてみるともしかしたらいかなくてよかったのかもしれないなと思うこともあります。実際に、留学やホームステイを考えた時期もあったのですが詳しくは言及を避けますが当時は海外に行くのってちょっと怖いかもねーと思う人がちらほら出てきた事情がある時期でもあったので家族や親せきにもなだめられ私自身も思いとどまったのもあってやめたんですよ。まぁ私自身の昔ばなしを書いていては長ったらしくなってしまうのでそろそろ本題に移りたいと思います。子供の語学留学を考えておられる親御さん、私は留学に賛成でも反対でもありませんがこういうこともあるんだよということ事前に知っておいてください。留学に関する良い面は私が言わなくてもいろんなところで声高に言われていることと思いますのでこの記事ではあえてマイナスな面、あまり良い印象は受けない面について言及していきたいと思います。

 

Sponsored Links

子供が英語のために留学すると同時に留年してしまう

まず、留学と留年がセットになってきますよというお話です。必ずというわけではありませんが留学というと1年単位で考えておられる方が多いのではないかと思います。となると、1年間まるまる日本の高校なり専門学校での生活が空白になるわけです。学校としても空白の期間の学生に単位をあげて進級させるわけにはいかないんです。

 

もしかしたら、留学希望の学生に対しての進級に関する特別な措置をとってくれる学校があるかもしれませんが私の知人で留学経験者は全員留年経験者でもありました。

 

留学したら留年なんてそんなの分かってると思っていてもお子様はピンときてないなんてこともあるかもしれませんので一度話題に出してみてもいいかもしれません。

 

子供の英語の留学には危険も伴う

私は海外に実際に行ったことこそありませんが、ご縁あって様々な国籍の方と知り合えてオンラインチャット等でお話する機会が多いです。そんな彼ら皆が口をそろえていうのは日本は本当に治安がいい国だということです。私は毎朝流れるニュースを見てると、そんなに日本が特別治安いいんだろうか?と思ってしまうのですが、日本での滞在経験者の人も「ああ、それでもやっぱり日本は一番安全な国だと思うよ」と言うのです。

 

確かに思い返してみれば海外で起きた留学生が巻き込まれた物騒なニュースもありますよね。もちろん、日本にいれば絶対に何も起きないかといえばそんな保障はないのですが少なくとも国内にいれば何かあったときに助けてあげることはしやすいですよね。

 

海外留学にいってきて、しっかり英語を習得して安全に帰国してきた。

 

これは当たり前のことではありません。留学にいった子供の中には絶対に臨まれない形で帰国してきたそんな子供だっているのです。

 

最高のケースがあるのであれば最悪のケースだって可能性として存在するということは覚えておかなければいけません。

 

子供の英語の留学にはお金がたくさんかかる

とにかくお金かかるらしいですよ?私も具体的に留学にかかる費用とか知ってるわけではないんですが経験者曰く「親の稼ぎに本当に感謝」と言ってました。まぁ自分でバイトしてお金ためてっていう考えの子もいるようですが、長期での留学を考えているのであればそれなりにまとまったお金がかかることを覚えておきましょう。

 

また、短期であっても留学に際しての渡航費用や現地での滞在費用といった目立つお金だけではありません。留学どころか渡航のための準備でもお金はかなりかかってきますしこまごまとかかるお金が積もり積もったら結構なお金になったなんてことも考えられます。

 

子供が英語で海外留学=英語がうまくなるとは必ずしも言えない!

皆様、海外留学すれば英語力がしっかりと身について発音だって上手で英語がペラペラでそうお思いじゃないですか?もちろん、そうなる子が多いです。しかし、語学留学したいと大人が考える場合と子供が考える場合ではその本気度って違うんです。

 

子供で英語のために留学した子の中には、日本に帰ってきて「それでは留学経験だなんて口が裂けても言えないな」なんていう状態の子もいるんですよ。やっぱり、英語圏の国に数か月以上滞在するわけですからある程度のものは皆もれなく身に着けてくるんですが現地での過ごし方によっては非常に残念なレベルで帰ってくる子もいるようです。

 

さらに言えば、留学する子自身のセンスもある程度関係してきます。

 

センスがとことんない子はイギリスに行こうがアメリカに行こうがそれなりの英語のクオリティです。また逆に、ずば抜けたセンスを持ち合わせている子であれば海外なんて言ったことないのに何その英語!スゲー!って子もいるんですよ。

 

留学=絶対的なものってわけではないんです。

 

子供の英語留学では、「だろう」よりも「だったら」を考えよう

私も留学に関しては自分が行きたかったという気持ちもありいろいろ調べていた時期がありました。留学したら英語力があがるんだろうなー、いろんなフレンドリーな人がいるんだろうなー、なんか、金髪のかわいいガールフレンドとかできるんだろうなーと様々な想像が頭に浮かびました。しかし同時に

 

現地で大変なことに巻き込まれるようなそんな状態だったらどうしよう

向こうの食べ物がどうしても体に合わないそんな感じだったらどうしよう

異国の地でうまくなじめない状態だったらどうしよう

 

そんな心配ごとも浮かびました。

 

悪いことばかり考えてたら何もできない!本気だったらなんでもやれるでしょ?

 

そういうことを言う人がいますが、そんな人がもしも、わが子を留学させて最悪な帰国を迎えたらどういうのでしょうか?

 

それはそれ、運が悪かった。では済まないですよね?

 

留学で海外に一定期間滞在するということは本盗に大変なこと。何度もしつこいぐらいに親子でよーく話しあってみてください。

 

この記事の最後に私からお伝えしたことを一言書いておきます。

 

本気だったら何でもできるのなら、留学なんかしなくたって、日本国内だけでも、本気でやれば英語は習得できます。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

 

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/