英語検定、TOEIC、大人の英語など今後の記事の内容について

Sponsored Links

 

いつも子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣をご覧いただきましてありがとうございます。Umiでございます。今回は、今後の記事の方針のようなことについてお話させていただこうと思います。おいわゆる、ブログの中でもコンテンツ感が一番薄い「運営からのお知らせ記事」ってやつです。お知らせはお知らせなのですが、一応、私なりの思いとかもあったりしますので世界に500億人いると言われているUmiファンの皆様、ぜひとも最後までこの記事をご覧いただければと思います。お知らせ記事なのでササっと読めるようにまとめましたので気軽にお読みいただけます。ささ、そこのお姉さん、ポテトチップスでも食べながら「あー、もう、ポテチの油ついた手でマウス触っちゃたーん」とか言いながらほのぼのとご覧くださいませ。

 

Sponsored Links

子供の英語力の話題に戻れない大人たち

 

この日本という国に、わたくしUmiを含めあまりにも優秀すぎる人材はたくさんおります。まったくもって恵まれた国なのではないでしょうか。しかし!Umiと同等もしくはUmiよりも遥かに優秀であるにもかかわらずその力を存分に発揮できていない方も存在します。

 

そう、言葉の壁があるが故にね。

 

インターネットというものが単なる情報収集の手段という域を超えて誰もが発信者になれる時代になってから久しい昨今でございますが、日本からもすぐれた人材が何人も登場しました。

 

あるものは絵を描き、あるものは音を奏で、歌い、つづり、踊り、論じ、演じ。皆様々な方法で表現したくさんスターが生まれました。

 

 

たーだーね、英語ができたらこの人だってもっと、もっと羽ばたけるんだ!レッドブルじゃない!英語が翼を授けるんだ!って人、いると思うのね。

 

そんな人たちは、子供ではない大人もしくは、子供というには少し抵抗がある10代中盤以上の人が多い。

 

そんな彼らに「お母さんと一緒に英語の歌をね、元気よく!こう・・」なんて提案してもおそらくなかなか聞き入れてはくれないことでしょう。さらに、法的に子供の年齢であっても10代も半ば以上になればお母さんと何かするなんてイヤになる子もいるでしょうし子供の英語学習の方法等が10代も中盤以上になると通用せずむしろ子供という立場ながら大人と同じような勉強法を伝えるほうが適切だったりもします。

 

さらに、ゴリゴリ大人であっても「いやぁ、ぶっちゃけABCからやり直したいけど子供っぽくて恥ずかしくて大声では言えないぃぃ」というとってもシャイな気持ちを持っている人もいるのです。

 

もう子供に戻ることができない大人たち、大人の階段を上るスピードが上がりつつある年代の子供たち。

 

そういったいろいろな英語で困っている人のために当ブログも幅広く対応できなくてはなと感じてきた次第でございます。

 

英検もTOEIC(トーイック)もTOEFL、国連英検(←受けたことない・・)も全部やったるわ!

Photo by Steve Halama on Unsplash

 

職場ではユーモアあふれるナイスガイとしてパートのおばちゃんたちから実は人気のUmi。よく聞かれることがあります。

 

「うちの子、今中学生なのよ、英語頑張らせたいんだけど、英検とかTOEICとかいろいろあるじゃない?どれ受けさせたらいいかしら?」

 

奥さん、大丈夫です。Umiがしっかりお答えします!

 

 

全部やっとけ!

 

 

いやぁ、英語関連の試験ってほんっとにいろいろあるんですよ。

もちろん、定番はありますよ?それを言うのであれば英検、TOEICの2つは押さえておきましょう。

 

ただね、ほかの検定試験も魅力あるものがあったり面白いものもあるので英語を頑張りたいということであれば、受かる受からないは別としていろんなもの挑戦してみるといいと思います。

 

このブログでもそういったものもいろいろ紹介していきますね。

 

さてさて、そういった英語関連の資格試験関係のコツとか勉強法とかもこれからどんどん書いていこうと思っています。英検、TOEIC、国連英検。

 

あ、国連英検受けたこと全くないです!

大丈夫です!多分、国連英検の記事も情熱でかける・・・はず。

 

今後ともよろしくお願いします。

さて、別に大した報告ではなかったのですがとりあえず、今後の方針ということで記事を書きました。

 

ブログタイトルが、子供の~となっているため、記事によっては「それ、子供向け?」と思われるものもあるかもしれませんが、英語という軸からぶれることはありません。さらに、子供向けの方法のはずが実は大人にも有効、大人向けだけど子供にも効果あり!なんてことが勉強の世界ではあり得ますので、いろいろ参考にしてみてください。

 

それではUmiでした。

ちなみに、twitterでは8割がたどーでもいいことしたつぶやいていません。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

もしもご感想やご質問を頂けるであれば以下のコメント欄からどうぞ!私の力の範囲ではありますが答えられるものにはお答えしていきたいと思います。質問に対する答えはしっかりと解説させていただきたいので記事にして解答させていただきコメントにURLで返すという形をとらせていただきます。すべてのコメントにはお返事できないかもしれません(←ごめんなさいね)が全て目は通しております。

 

ツイッターでも更新情報配信中です!→https://twitter.com/kodomonnieigo

instagramもやってます→https://www.instagram.com/kodomonieigocom/

管理人のUmiの簡単なプロフィールやご挨拶はコチラから→子供の英語力を100倍以上引き出す簡単な習慣について

Twitter、やってます!!

Umiが喜びますのでSNSで共有してやってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Umi

Umiと申します。 子供のころから英語に憧れ独学で英語を学んでまいりました。 お子様の英語教育でお悩みですか? 私が某有名学習塾で培った指導力を皆さまのお悩み解決に活かすことができれば幸いです。 SNSも日々更新中! twitter: https://twitter.com/kodomonnieigo instagram: https://www.instagram.com/kodomonieigocom/